第20回記念大会 わんぱく相撲名古屋場所 in ナゴヤドーム 観戦記
 今日は(平成15年6月14日・土)、朝からナゴヤドームで「わんぱく相撲・名古屋場所」に参加してきました。
 わんぱく相撲というのは、名古屋市及び周辺市町村の、小学校1年生から6年生までが対象で、各学年対抗です。
 最初あまり乗り気じゃなかった長男・千貴(かずたか:7歳)も、お菓子がもらえるということで参加することにしました。

 で、結果からいうとベスト4に残れず、ベスト8に終わりました。
 11時くらいから各学年に別れ、取り組みをします。1年生は約230人が参加。全員3回取り組みが出来ます。その1年生の中で16のブロックに別れて取り組みをし、各ブロックの中から1人選出します。
 千貴は3戦全勝。ブロックの中に3勝が二人いたので、ブロックの決勝で勝ち決勝リーグへ進みました。

 昼食後は、決勝リーグです。ここからはトーナメントで、絶対負けるわけに生きません。
 初戦は、午前中の勢いで相手を投げ飛ばしてベスト8へ。

 そして、ベスト4進出をかけての準々決勝。相手の体格は、カズ坊より小さい。技のない一年生同士なら、断然有利。
 ところが立ち会い後、相手と四つに組んだあと押していったら、最後に引かれて膝からバッサリ・・・。

 負けた本人もかなり悔しかったろうけど、父親としての自分もがっかりした。イヤ、ホント落胆です。体の力が抜けるのわかったからね。こんなの久しぶり。でカズ坊は、わんわん大泣きしていました。子供ながらに負けたことがよほど悔しかったんだろうね。こっちもホロリとしてしまったけどね。

 ということで、トロフィーはもらえなかったけれど、楯はしっかりもらってきました。最後は、残念だったけど「ちょっと収穫があった」という顔をしていました。

 でも、相撲取りにはなってほしくないなぁ・・・。