平成19年度 第1回国体選手選考・強化普及競技会 参戦記
 中5日で臨んだ5000m。体調はまずまずであったにもかかわらず、強風下のレースで出入りの激しいレースをしてしまったせいで、終盤大幅に失速。集団の中でじっと我慢するということが出来なかったですね。反省!

●大会名 平成19年度 第1回国体選手選考・強化普及競技会
●開催日 平成19年4月14日(土)
●場  所 瑞穂公園北陸上競技場(愛知県名古屋市瑞穂区)
全国地図 ・詳細地図

赤のランシャツ、黒のパンツが私です
●天 候 晴、18℃くらい
●結 果 16分51秒61 (3組 12着)(5000m) → 競技タイムテーブル
●表 彰 な し
●過去の戦績
H17.4. 9 5000m 16分38秒28 (第4組  12着) (42歳)
H11.4. 3 5000m 16分05秒35 (第2組   4着) (36歳)
H 9.4. 6 5000m 16分18秒47 (34歳)
H 8.4.21 5000m 15分56秒45  (32歳)
H 7.4.23 5000m 16分03秒1 (31歳)
H 6.6.18 1500m 欠場 (31歳)
H 6.5. 7 5000m 欠場 (30歳)
H 6.4.23 5000m 16分02秒66 (30歳)
●交通手段等
(往路) 自宅12:52〜瑞穂公園駐車場13:13〜会場13:17
(復路) 会場〜喫茶店(反省会)〜会場駐車場17:23〜自宅17:51
●費用
参加料 走友会持ち  
燃 料 252円   16(km)/8(リットル/km)×126(円/リットル)
駐車場 500  
合 計 752円  
●成績(男子5000m 1組〜6組のみ)
【1組】
J・ムンガ 豊川高 14’39”50
坂井俊介 中央発條 14’49”48
土田豊和 中央発條 14’54”58
前田昌紀 中央発條 15’00”44
田中秀幸 豊川高 15’10”64
城地一志 愛知高 15’13”83
中島拓海 愛知高 15’17”49
山本和樹 中央発條 15’21”74
市川宗一朗 岡崎高 15’30”46
10 磯部敏満 TPCA 15’35”09
11 鷲見慎吾 愛知教育大 15’38”35
12 阿部晃幸 中央発條 15’48”20
13 守田収一 豊川高 15’48”26
14 立川一磨 愛工大名電高 15’48”91
15 両角明彦 中央発條 15’52”21
16 佐野寛幸 守山自衛隊 15’59”08
17 岩山敬明 愛工大名電高 15’59”23
18 山口貴士 三菱重工名古屋 15’59”90
19 水谷 聡 名古屋市役所 16’08”01
20 松本勇樹 中部大第一高 16’16”96
21 稲葉賢治 館倶楽部 16’21”93
22 横田成哉 中部大第一高 16’29”39
23 杉田祐平 中部大第一高 16’33”26
24 神田智文 愛工大名電高 16’37”62
【2組】
小川満太郎 豊橋東高 15’49”81
青木祐樹 一宮高 15’50”95
末松 周 旭野高 15’51”34
川野伸悟 弥富高 15’55”01
緒方康介 愛知高 15’57”89
山田大介 三菱重工名古屋 16’00”61
和島慎太郎 庄内RT 16’01”22
加藤雄貴 にっとTFC 16’14”56
加藤健太 刈谷高 16’14”82
10 三浦 修 刈谷北高 16’14”85
11 花田陽平 弥富高 16’20”87
12 田口英樹 館倶楽部 16’26”25
13 川野 翼 中部大第一高 16’30”56
14 河原研人 中部大第一高 16’31”61
15 才田 玄 豊川高 16’31”97
16 綿谷良平 名古屋工業大 16’33”41
17 山本雄士 豊橋東高 16’35”47
18 大堀章吾 半田東高 16’36”81
19 虎澤直人 名古屋高 16’56”72
20 鈴鹿隼人 半田東高 17’05”34
21 山本哲也 豊川高 17’05”53
22 三浦洋平 刈谷北高 17’12”82
23 小森寛之 岡崎高 17’15”78
24 瓜生和晃 豊橋東高 17’40”94
【3組】
矢野祥一 刈谷高 16’19”25
渡邊 崇 半田高 16’23”97
安藤雅大 愛知高 16’32”18
波多野晶 西春高 16’34”31
岩川純也 半田高 16’35”12
金井塚文人 名古屋市役所 16’35”50
大木秀晃 岡崎東高 16’37”17
岩田雄太 横須賀高 16’37”97
山口雷太 尾張クラブ 16’38”61
10 降旗諒平 一宮高 16’39”90
11 栗木淳二 館倶楽部 16’47”20
12 加藤一郎 名古屋市役所 16’51’61
13 沖田誠実 三菱重工名古屋 16’59”83
14 南郷聡太 豊田大谷高 16’59”86
15 鳥居優貴 刈谷高 17’00”74
16 遠藤 哉 千種高 17’00”79
17 時田直樹 津島高 17’01”21
18 近藤啓介 名古屋高 17’03”54
19 中山史信 愛教大ク名古屋 17’05”24
20 戸田治雄 一宮興道高 17’16”34
21 清家竜一 起工高 17’16”38
22 米山昇平 刈谷高 17’19”85
23 栄 優介 半田東高 17’21”09
24 福永慎也 庄内RT 17’43”11
25 野杁重範 弥富高 17’58”97
【4組】
杉本邦男 尾張クラブ 16’27”03
姉川雅樹 豊田南高 16’36”34
木村祐太 刈谷高 16’36”30
山口大樹 一宮興道高 16’38”99
杉山祥太郎 菊里高 16’48”67
武田翔一 豊田大谷高 16’51”72
菅原彰馬 豊田南高 16’53”27
越山拓馬 千種高 16’54”70
草間大志 刈谷高 16’55”79
10 堀井康裕 旭野高 16’56”74
11 森翔太郎 一宮高 16’59”29
12 黒沢祐介 弥富高 17’06”77
13 高橋克也 一宮高 17’16”44
14 垣見洋介 一宮西高 17’18”14
15 近藤高弘 岡崎高 17’20”29
16 樋山邦治 名古屋市役所 17’25”19
17 貝沼翔太 西春高 17’29”16
18 矢倉武明 名古屋情報高 17’30”68
19 中垣貴充 旭野高 17’30”85
20 立石祐司 天白高 17’34”17
21 坂野友哉 豊田大谷高 17’38”76
22 中島祐輔 豊橋東高 17’39”44
23 吉田一希 惟信高 17’47”85
24 間瀬圭一郎 天白高 17’55”20
25 富田裕也 東海学園高 17’58”19
26 田崎洋平 豊明高 18’00”62
27 青木栄太 刈谷高 18’08”27
28 遠藤寛士 岡崎高 18’10”67
29 若山大樹 惟信高 18’32”65
【5組】
横井諒也 岡崎高 16’43”47
徳永雄志 天白高 16’47”20
加藤聡太 一宮興道高 16’51”84
伊藤翔太 豊野高 16’53”30
原 健二 松蔭高 16’53”69
入江友広 豊田大谷高 17’01”13
赤瀬雄一 稲沢東高 17’13”44
大正幸太郎 豊田南高 17’14”66
松田 博 菊里クラブ 17’15”75
10 深井太洋 旭丘高 17’26”87
11 大幡ひかり 星城高 17’32”60
12 小池晃司 豊田大谷高 17’36”15
13 碧木亮太 長久手高 17’41”60
14 小柳信行 セカンド・ウィンド 17’42”10
15 吉元良輝 弥富高 17’42”76
16 松本麗照 庄内RT 17’50”37
17 渡辺一矢 東邦高 17’53”44
18 林 喜志太 一宮高 17’54”96
19 中島健太 北高 17’59”47
20 今井和弘 岡崎高 18’09”22
21 足立祐貴 春日井高 18’16”97
22 鈴木昌哉 名古屋市役所 18’17”00
23 寺尾 晃 愛産大工高 18’21”08
24 伊藤 豊 天白高 18’22”85
25 加藤 優 南山AC 18’28”98
26 宮澤 拓 西春高 18’31”79
27 石田千春 東邦高 18’38”81
28 新美貴士 半田東高 19’09’79
29 鈴木雅博 岡崎TFC 20’03”05
【6組】
橋本拓也 岡崎高 17’07”28
大石直樹 刈谷高 17’11”77
新野敬典 熱田高 17’13”53
近藤健人 栄徳高 17’27”69
富田圭吾 津島高 17’30”24
長瀬仁孝 春日井高 17’34”52
高橋文浩 庄内RT 17’37”73
伊藤恭道 一宮西高 17’39”07
伊東和也 碧南高 17’40”49
10 白石純一 豊田大谷高 17’47”45
11 箕浦達朗 三菱重工冷熱 17’48”75
12 高井敬介 横須賀高 17’50”50
13 須蒲修平 名古屋高 17’54”65
14 山口文哉 蒲郡高 17’55”98
15 林 洋平 知立高 17’56”68
16 榊原悠人 碧南高 18’00”58
17 黒川信吾 松蔭高 18’01”03
18 栗田佳明 起工高 18’02”03
19 田中達也 刈谷高 18’04”68
20 安藤大将 瀬戸工 18’05”28
21 高橋重裕 三菱重工冷熱 18’05”50
22 林 太郎 名東高 18’22”39
23 西堀稜祐 豊田大谷高 18’25”70
24 佐藤裕二 名古屋市役所 18’42”45
25 横井尚紀 津島北高 18’54”05
26 橋本拓未 起工高 19’01”16
27 清水俊也 旭丘高 19’26”94
28 古田真也 昭和高 19’27”49
29 大塚康太 起工高 19’46”41

強風下のレース
 先週の日曜日に続き、2週連続となったトラックレース。体調も良好。レース勘も出来てきて、今回は先週よりは好記録が望めそうだ。

 しかしながら昨日降った雨が上がり、朝から風が強い。暑さも好記録を妨げる原因になるが、風が吹くのも結構辛い。
 順位レースであれば風が吹こうが暑かろうが、条件は皆同じ。多少、得意不得意の部分はあるにせよ状況は同じである。ところが記録会のように、記録を狙いに来ている人たちにとって、風は大敵だ。今日は悪コンディションの中、果敢にチャレンジしていくことを選択する。

 先週の名古屋支部陸上大会は5000mが4組。今回は愛知陸協主催のため県下の全選手が対象なので5000mは7組ある。第1組から持ちタイム(または申告タイム)が早い順に振り分けられる。私は、第3組。同じ走友会の金井塚さんと同じ組になる。大宮さんも同組であったが、受付が間に合わず今日は出走出来なくなった。


クリックすると拡大します
 14時から始まった男子5000m。第3組のスタートは14時36分だ。今日はイン側からのスタートとなる。
 スタートから最初の200mは、みな自分のポジションを探しに位置取りのつばぜり合いが激しい。自分としては中段あたりに位置取りをする。まずまずである。
 しかし、今日は本当に風が強い。ホームストレート(スタンド前)は追い風となるが、バックストレートは完全に向かい風。ここで、ペースが落ちるが著しく落ちてくる場合は、やむを得ず前に出て行くしかない。
 1000mの通過が3分10秒。先週より1秒早い。強風下の中ではまずまず。しかしながら、風の影響をうけたくないということもあって、先週同士が密集して走っている。前がつかえるような状態で走るのはとても窮屈だ。今日は、しっかりスパイクもされて走り終わったあと足首から血が流れていた。

 記録会の目的は何度もいうが記録を出すことだ。そのため多少の冒険をしながら走ることに尽きる。
 3000mの通過が9分50秒。先週よりもここも1秒早い。好天であれば9分45秒くらいで通過したかったところであるが、今日は仕方がない。
 しかしながら少しずつ前に出る作戦でタイムを詰めてきたが、さすがに出入りが激しく3400mあたりからかなり辛くなってきた。残り4周だ。名城公園でいうとあと1周(1300m)と少しの距離だ。82秒/周で何とか我慢してきた周回も、このあと一気に85秒にまで落ちてしまう。バックストレートの強風下において前に進まない。前の選手たちとの距離が一気に離れる。このあたりで、後ろから終始様子をうかがっていた金井塚さんにも一気に抜かれる。(勝負しているつもりはないが)勝負ありだった。

 16分51秒61。強風下とはいえ、またもや自己ワースト記録を更新してしまった。今年度の目標16分15秒にはほど遠い・・・。体調も良く、心拍数もかなり高い状態まで引き上げて走ることが出来ている。そのうちバッチリな天候に恵まれるさ!くさらずあきらめず次を目指すぞ!